キッズドアへの遺贈・相続・香典寄付 - あなたの想いを、日本の子どもたちの未来へ贈るキッズドアへの遺贈・相続・香典寄付 - あなたの想いを、日本の子どもたちの未来へ贈る

お問い合わせ、資料のご請求はこちらから

日本の子どもは「7人に1人が貧困」状態であり、
教育格差やいじめ・虐待など、子どもを取り巻く課題が数多く存在します。
キッズドアは、あなたのご遺志を、すべての子どもが夢や希望を
実現させるための活動に活かし、将来を担う子どもたちを支え続けます。

遺贈 : 遺言によるご寄付

遺贈とは、遺言によりご自身の財産を特定の人や団体に分け与えることをいいます。遺言書において遺贈先にキッズドアをご指定いただくことで、残された財産を日本の子どもたちのために役立てることができます。

※遺言書の作成等については、弁護士などの専門家にお尋ね下さい。お尋ねする専門家がご不明な場合は、まずはキッズドアまでご相談下さい。

相続財産のご寄付

故人の遺志を活かす形で、相続された財産をキッズドアを通して、日本の子どもたちのために役立てていただくことができます。

相続財産をご寄付いただいた場合には、故人ご逝去後10か月以内に、寄付証明書を税務署にご提出くださいますと、相続財産のうちのご寄付分についての控除を受けることができます。
(弊団体では、信頼資本財団の「共感助成」をご利用いただくことで税の控除が可能となっております)。

税の控除について

香典のご寄付

お香典をキッズドアにご寄付いただきますと、キッズドアよりお悔やみをいただいた方々へお礼状をお送りし、香典返しに代えることができます。故人の想いが、日本の子どもたちの支援として活かされます。

御礼状の
サンプルはこちら

キッズドアへの「遺贈」「相続財産のご寄付」「香典のご寄付」をご検討の場合には、まずはお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

お問い合わせ、
資料のご請求はこちらから